個人輸入した医薬品には粗悪品の可能性も

薬を持っている男性

医療機関や専門的な資格を有していなくても医薬品を輸入したり販売することが可能になった現在、医薬品の個人輸入にはメリットもありますが問題点も多数存在しています。
海外の医薬品は日本国内で製造されているものよりも認可制度が甘く作られていたり、チェック体制が整っていないこともあります。
そのため粗悪品が含まれていたり、異物の混入などのリスクが非常に高いのです。
なお個人輸入サイトの運営者も購入者もこうした医薬品に関する知識が乏しいことがほとんどであるため、粗悪の品や異なる薬物の混入に気付かない可能性が非常に高く、その部分に関してはかなりの危険性があると判断されています。

個人輸入サイトではなく、購入者自身が海外サイトにアクセスするなどして医薬品を購入する場合にはそのリスクが格段に上がると言えます。
個人輸入者を目的とした詐欺グループや違法な価格での販売を行うサイトなどもあるからです。

個人輸入をする場合や、輸入サイトを活用する場合には相手とのやりとりなどを確立し、支払いや金額、製品についての疑問点を全て解消することが前提となります。
医薬品は直接体に取り入れるものであるため、安全性を確保するためのこうした行為は必須なのです。

サイト内検索
最近の投稿
個人輸入した医薬品には粗悪品の可能性も 2019年7月12日
人気記事一覧
1
個人輸入した医薬品には粗悪品の可能性も

2019年07月12日
(227 Views)